寝屋川市で屋根塗装、屋根修理するなら、屋根修理の専門家バランス!

query_builder 2023/03/21
ブログ
25843900_m

こんにちは。 屋根塗装や雨漏り修理のバランスです!
わたしたちは寝屋川市で主に
雨漏りの修理や屋根のリフォーム(屋根の葺き替え工事)、
カバー工法をはじめ、雨樋の修理、
その他の屋根修理、屋根工事はもちろんのこと、屋根塗装などを行っています。
この記事を読んで疑問に思ったことは、お問い合わせフォームから気軽にご質問くださいませ。


(屋根の専門店バランスは、いつでも屋根修理・屋根塗装の見積り無料!お問い合わせは コチラ)

寝屋川市の方で
「雨漏りしています。どうしたらいいですか!?(゚o゚;;」とか
「屋根の塗装をしたいです!」や
「屋根のリフォームが気になりますが、いくらぐらいしますか?」

などのご質問、ご要望がある方は
わたしたちバランスにお任せください。
寝屋川地域にも豊富な実績がありますので、
皆様に喜んでいただけるご提案をいたします!

今回はこういった場合であれば「早く問い合わせしたほうが良い」
という事例をあげさせていただきます。
また、なるべく早めのご相談のほうが
(修理が必要な場合)修理費用が安くなることが圧倒的に多いです。
雨漏りや屋根が気になっている方は早速、以下の事例をチェックしてみてください。

事例1 地震や台風が起こったら

実は、台風で強風が吹いた場合や地震で揺れが起こった場合、屋根や建物自体の見えている部分だけでなく目には見えない部分に直接ダメージを与えていることがよくあります。たとえば地震の揺れが屋根材を少しずつズラしてしまうことで雨漏りになったり、台風で屋根材に強い風があたり、動くことで釘が浮き上がったりなど・・・原因は様々です。定期的に見てもらうことをお勧めいたします。

事例2 天井や壁にシミがあるか(雨漏りかもと思ったことがある)

天井や壁のシミは、屋根や外壁からの発生す雨漏りが原因とは限りません。屋内の温度と外気温の差で生まれる結露でも十分に起こり得ます。また、外壁から屋内に染み出してくるものもありますし、水道管がひび割れていてそこから染み出してきていることもあります。いずれにせよ早く診断してもらうほうが良い症状です。

事例3 新築から5年、もしくは屋根を塗り替えて5年以上が経過しているか

もし新しく家を建ててから5年経っている、もしくは屋根や外壁を塗り替えて5年以上が経っている場合、一度見てもらうほうが良いです。なぜなら、雨風に当たることで少なくとも老朽化は確実にしているためです。特に塗り替えてから5年経過している場合は、塗装面に何らかの不具合が生じている場合もありますので、早めに見てもらいましょう。
もし不具合があるなら、放っておくと雨漏りの原因になっていることをよくいてきました。遠目に見てもよくわからないことが多いので、屋根修理の専門業者に診断してもらうほうが良いです。

事4 屋根が瓦屋根の場合、土や漆喰などが崩れているか

瓦屋根を使っている家や、和風の家に使用されている土や漆喰は、瓦屋根などの屋根材を固定する材料として使われていることがあります。漆喰は中のに雨水が入らないように覆いかぶす役割をしています。ですが、この漆喰が何らかの原因で崩れている場合(鳥や鉢が巣を作って変形してしまった、カラスがとまっていたずらをした等)、雨漏りの原因になっている場合があります。

事例5 瓦屋根にズレや脱落、ヒビ割れなどがあるか

瓦屋根のズレは、台風や地震で起こるほか、専門家以外の人間が歩いたりする現象でもあります。ズレをそのままにしておくと、雨漏りの原因になりますので早期解決が求められます。また、ひび割れなどがある場合も早めに対応すべきです。そこから家全体にダメージを与える可能性があるからです。

(雨漏りの専門店バランスは、いつでも屋根修理・屋根塗装の見積りが無料です!お問い合わせは コチラ)

事例5 化粧スレート屋根の場合、サビがないか

化粧スレートという屋根はセメントや有機繊維(ゆうきせんい)を材料にした、板型の屋根材です。


化粧スレートの場合、金属の部分があるのですが、そこに経年劣化でサビが発生していることがあります。サビは放置しないようにしないといけないのですが、遠目では錆びているかわかりにくいです。定期的な点検が大事です。

事例6 塗装部分のはがれがあるか

屋根が古くなってくると色があせたりします。また、金属系の屋根材の場合、上記のようにサビを放置していると

塗装部分が剥がれてくることがあります。塗装部分に剥がれを発見した時はすぐさま相談しましょう。


事例7 歪み、へこみなどがあるか

屋根の面にへこみや、歪みがある場合、その箇所から雨水が浸入することがあります。また、歪みやへこみは隙間を生むため、台風などで強風が吹くと、そこから屋根材が剥がれてしまう恐れも出てきます。

事例8 コケが生えているか

風通しが悪い場所に建てた家の屋根や、

日当たりに問題がある建物の屋根には苔(コケ)が生えることがあります。


そして、コケが生えた場所から建物に雨水を入れてしまう場合があります。もちろん、コケが生えているイコール、屋根の美観が悪くなっていると思います。早めに屋根修理業者に相談する必要があります。

屋根修理・屋根塗装のチェック事例のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?
上記の事例の中で1つでも気になるものがあれば、

お問い合わせフォームからご相談ください。

ちなみにですが屋根の修理工事には、

火災保険が適応される場合がありますので、

保険証を探しておきましょう。

(火災保険は、火事だけの保険ではありません。例えば「台風による棟板金の飛散」や「大雪による雨樋の破損」なども保証の範囲内になる場合があります。)


契約内容によって補償内容は変わりますので、

ぜひ確認してみてください。

寝屋川地域の屋根修理は任せてください!

わたしたちはバランスは、

屋根の専門店としてバランスは

寝屋川市や守口市、門真市などを中心として、

雨漏りの修理や、

屋根のリフォーム、

色々な屋根修理・屋根塗装などを行ってきました。

お困りのことがあれば、お力になることができると思います。


ぜひ、ご利用ください。

NEW

  • 瓦屋根について!

    query_builder 2024/02/20
  • "愛"いただいております!第三回アンケート紹介

    query_builder 2024/02/16
  • 給湯器点検フェア開催!

    query_builder 2024/02/14
  • 外壁張替えで不安とサヨナラ!

    query_builder 2024/02/09
  • 実は放置されがちな「雨漏り」

    query_builder 2024/02/07

CATEGORY

ARCHIVE