線状降水帯・大雨・豪雨被害

query_builder 2021/08/21
ブログ
和瓦のズレ

線状降水帯・大雨・豪雨被害

昨今、この様な言葉を梅雨・台風シーズン以外でもよく聞くようになりました。

8月21日現場調査! ここにきて雨漏り調査依頼の殆どが、この瓦屋根からの雨漏りが原因となっています。今この瓦屋根とくに、和瓦が使用されている戸建ての殆どが30年以上の建物になるのではないでしょうか?

基本、この和瓦は土葺き工法と言って、今の軽量瓦とは違い、釘やビスなどを殆ど使用しなない為、1度ズレてしまうと勿論、自然に戻ることはございません。30年間の間、台風・地震・突風・豪雨、この様な自然災害を幾度となく繰り返す中で、新築の時のようなままの状態であることはまずないと思います。少なからず瓦と瓦に隙間・ズレがで生じています。


気象情報ですら、今までにない雨量・豪雨(記録、記録)と伝えています。この今までにないというのは、和瓦が生産・普及された時には雨量設計されていなかったとも受け取れます。そうなると全く瓦が新築のままであったとしても、雨漏りする可能性があるということになります。


雨漏りのバランスは、お客様と向き合う中で、この和瓦の建物のお客様に対し、補修工事がよいのか、葺き替え工事がよいのかと言う事を、よくご理解いただいて工事をさせていただきます。もちろん、ご相談は無料ですので、お客様が納得いくまでお付き合いさせていただきますので何時でも雨漏りのバランスへお気軽にご相談ください0120-77-5551


NEW

  • 外構・駐車場・土間コンクリート

    query_builder 2021/09/24
  • 雨漏り・谷樋・ドレン

    query_builder 2021/09/23
  • 屋根・軽量瓦・ROOGA

    query_builder 2021/09/22
  • 屋根塗装・縁切り・タスペサー

    query_builder 2021/09/22
  • 狭小地・足場・屋根葺き替え

    query_builder 2021/09/20

CATEGORY

ARCHIVE