和瓦 棟補修工事

query_builder 2020/11/07
ブログ
S__16629805棟崩れ

和瓦 棟補修工事

今日は和瓦の棟の崩れの補修工事について少しお話させて頂きたいと思います。この写真のように棟が崩れていたり、崩れかけていたりする事は、台風や突風・地震の後に起こりえる事です。崩れているとある意味わかりやすいのですが、この崩れかけている場合が厄介で、普段屋根は下から見るもので下からでは分からないのが、この崩れかけていると言う場合です。少しづつ雨が侵入し、気が付いた時には数か月・数年と言う時を経て建物を壊し始めます。何か天井にシミが!何か雨音が!という場合には、すぐ雨漏りのバランスへお気軽にご相談ください0120-77-5551 雨漏り診断は勿論無料です。

棟は屋根の頂上部にあたり雨漏りしやすい場所です。補修工事で出来る限り早い工事をお勧めいたします。今回は棟の積替え!出来る限る屋根を軽量にし台風や突風・地震に少しでも被害が起きない施工方法をご紹介いたします。棟桟木工法です。既存の、のし瓦を無くすことにより軽量かつ、棟瓦をビスで止めることにより風や振動に強い棟になります。


棟は7寸丸にてしあがりました。

雨漏りにお困りの方は株式会社バランスへご連絡ください0120-77-5551

NEW

  • 雨漏りの応急処置の仕方はコレ!自分で破損箇所を見つけて修理する7つの方法

    query_builder 2022/11/01
  • 火災保険がつかえる!?雨漏り修理「保険の適用条件」とその「注意点」

    query_builder 2022/09/30
  • 門真市で屋根の塗装をしてきました!

    query_builder 2021/11/20
  • 守口市で屋根の塗装工事をしてきました!

    query_builder 2021/11/13
  • 守口市で、朝日ソーラー撤去&給湯器新設工事をしてきました!

    query_builder 2021/11/06

CATEGORY

ARCHIVE